software development
Fontsize:
製品紹介


                                            

ProcessControl

ProcessControl(プロセスコントロール)について

ハンディターミナルと製造指示バーコードを利用し、現在の製品製造進捗の把握だけでなく、
各製品の製造工程履歴を把握できるソフトウェアです。
製造現場に大きな負担を掛けることなく、製品がいつ、どの工程を通過したのか、
しっかりと管理します。

ProcessControlの特徴と概要

特徴1 簡単工程進捗管理!
製造指示バーコードを発行できますので、現状の製造指示書にバーコードを貼り付け
工程管理を始めることができます。
あとは、各工程で製造指示バーコードと工程バーコードを読むだけ。
製造進捗を紙に記入する作業を撤廃できます。

特徴2 製造進捗をリアルタイム化!
無線LANを利用することにより、製造現場での収集実績をPCに即時反映する事が出来ます。
今、工程でどんなことが起こっているか、どの製造指示が終わっているかなど
今まで現場に行かないと把握できなかった情報が、離れた場所でも把握できます。

特徴3 ガントチャートで直感的管理!
ピッチボードアドインにて製造指示、実績進捗をガントチャート化して表示できます。
自動更新機能がありますので、現場状況を自動的に直感的に把握することができます。


動作環境

OS Microsoft Windows [10 / 8.1 / 8 / 7 (64bit/32bit)]
※その他OSに関しては別途、ご相談ください。
CPU 1GHz以上のCPU (推奨2GHz以上)
メモリ 2GB以上 (推奨4GB以上)
対応データベース
Microsoft SQL Server 2014, 2012, 2008R2 / Oracle
※Oracleは別途調整が必要となります


対応ハンディターミナル

         KEYENCE
              WindowsOS ハンディターミナル【BT-W100シリーズ】
              WindowsOS ハンディターミナル【BT-W80シリーズ】
              WindowsOS ハンディターミナル【BT-W70シリーズ】
              超小型ハンディターミナル【BT-1000シリーズ】

ProcessControl

エディション

画面サンプル

導入事例

カスタマイズ事例

Q&A

カタログを取り寄せる