software development
Fontsize:
製品紹介


                                            

BT-Tracer

BT-Tracer(ビーティートレーサー)について

BT-Tracerは製造現場での原料使用実績トレーシングを簡単に行えるシステムです。
トレーシング管理のみに特化し、現場作業に負担を掛けることなく、
確実に原料トレーサビリティを構築することができます。


BT-Tracerの特徴と概要

特徴1 トレースビュー!
ハンディターミナルで収集されたトレース実績を、グラフィカルに表示できる
トレースビュー画面を備えています。
製品から遡る「トレースバック」、原料から追跡する「トレースフォワード」別に
閲覧可能のため、各状況に応じたトレーシング情報をすばやく検索することができます。

特徴2 アイコン登録も可能!
トレースビューに表示する原料や製品アイコンを登録することができます。
実際の原料写真などを加工しアイコン登録することで、よりビジュアル的な
トレース画面表示が可能です。

特徴3 トレースラベル発行!
原料にバーコードが無い現場でも簡単に導入できるよう、トレースラベル発行が
行えます。データトレースを行う単位にてトレースラベルを貼り付けし、
現品品目と紐づけることができます。
トレース作業は製造指示や製品情報とトレースラベルのバーコードを読むだけ!

動作環境

OS Microsoft Windows [10 / 8.1 / 8 / 7 (64bit/32bit)]
※その他OSに関しては別途、ご相談ください。
CPU 1GHz以上のCPU (推奨2GHz以上)
メモリ 2GB以上 (推奨4GB以上)
対応データベース
Microsoft SQL Server 2014, 2012, 2008R2 / Oracle
※Oracleは別途調整が必要となります

対応ハンディターミナル

         KEYENCE
              WindowsOS ハンディターミナル【BT-W100シリーズ】
              WindowsOS ハンディターミナル【BT-W80シリーズ】
              WindowsOS ハンディターミナル【BT-W70シリーズ】
              超小型ハンディターミナル【BT-1000シリーズ】
              ※ワイヤレスモデルのみ

BT-Tracer

エディション

画面サンプル

導入事例

カスタマイズ事例

Q&A

カタログを取り寄せる